銀行で不動産担保ローンを利用するには

不動産担保ローン,銀行,借り換え

ローンを組む時に不動産担保を使う人は少なくありません。

 

少なくとも住宅ローンを利用する時は、不動産担保について知っておくべぎてしょう。

  1. 担保が必要なローン
  2. 必要のないローン

という分け方が、金融商品の大きなくくりとして存在しています。

 

銀行などからマイホーム取得の為に融資を受ける場合に利用するローンは、担保が必要になります。
一方、消費者金融機関のカードローンから借りる時は、担保がなくても融資が受けられます。

 

銀行などから高額な融資を受ける場合は、担保を用意しなければ、ローンの申込みができません。

 

担保とは

担保とは、もしものことがあって返済が滞った時に、返済金のかわりとして差し押さえができます。
不動産は資産としての価値が高いですから、ローンの担保として一般的です。

 

そのため不動産担保ローンというものがあるわけです。

住宅ローンという不動産担保ローン

家と土地との両方を担保として融資を受けることになる住宅ローンは、不動産担保ローンの一つです。
不動産を担保としてローンを組むことになりますが、コンスタントに返済し続ければ、何ら心配する必要はありません。

 

担保として用いている家や土地は、それ自体の価値が高いですから、担保を必要としないローンよりもずっと低金利での融資が可能です。
無担保ローンと比較すると、融資限度額も高額に設定する事も可能となっています。
不動産担保ローンは、ローンを組みたい金額が非常に高いという人がとるべき手段といえます。


借り換え目的で不動産担保ローンを利用する

市場の金利が低いままなので、不動産担保ローンを利用した借りかえをしたいという人が多くなってきています。

 

ローンといっても様々な種類のローンがありますが、融資されたお金の使い道が限定されることは少なくありません。
時には、金融会社の審査結果が出るまでかなり待たなければいけないタイプのローンもあります。

不動産担保ローンに借り換えるメリット

借りたお金を何にでも使いたいという時には、用途を限定されていないフリーローンを利用するといいでしょう。

 

融資の申込み時に担保を提供しているので、金融機関は貸し倒れになってしまうというリスクはありません。
そのため、ローンの使い道を限定されることはありません。

 

金融会社サイドも、不動産が担保として入っていたほうが、何かあった時はすぐにこれらを差し押さえるだけで済みますから、
金利を高くする必要がなくなってしまうのです。

 

低い金利で、とれなりの金額を融資してもらえますので、他のローンから不動産担保ローンに借りかえるという方法もできます。

借り換え手数料を確認する

ローンの借り換えの注意点としては、申込みをしてお金を借りる時に金利とは別に手数料がかかることです。

 

もしも、不動産担保ローンを借り換えに使いたいという時は、
金利だけでなく、手数利用がどのくらいかかるのかを確認しておく必要があります。

 

現時点で利用しているローンより、不動産担保ローンのほうが金利が低い場合でも、借り換えをすると損をすることがあります。

 

今のローンを返済する時にかかるお金と、不動産担保ローンに借り換えてから返済を行う時と、
どちらが有利かはしっかり計算しましょう。

 

金融会社との相談だけで話を進めてしまわずに、一度ファイナンシャルプランナーの意見を聞きながら、
不動産担保ローンを検討する人もいます。

不動産担保ローンが人気の理由とは

銀行の融資を受ける時には、不動産担保ローンを利用するという人が多いようです。
資産として所有している不動産を担保に入れることで、ローンを組むものが不動産担保ローンです。

不動産担保ローンが人気の3つの理由
  • 低い利率

なぜ今人気があるのかには理由があり、まず最初にあげられるのは、なんといっても利率が低いという点です。

 

金融会社によって融資の条件は違いますが、大抵の金融会社では不動産担保ローンを数%で行っており、
他のローンより格段に低くなっています。

 

不動産を担保にしてお金を借りる場合には、金利が10%を超えるところはほぼありません。
不動産担保ローンの金利は、担保のいらないローンの金利とは比べようもありません。

 

  • 高い自由度

不動産担保ローンは、借りたお金の自由度が高いというところも、メリットの一つです。
目的型ローンは、用途自由のフリーローンより金利は低いですが、融資したお金をどう使えるかが事前に決まっています。
しかし、不動産担保ローンでは、その資金を何に利用しても構わないのです。

 

  • まとまったお金が融資される

まとまったお金を融資してもらえることも、不動産担保ローンの長所であるといえます。
あくまでも不動産の担保価値の範囲内に限定されますが、数千万円という金額でも借りることができます。
まとまった資金を必要としていて、不動産を所有している人は、不動産担保ローンが役立ちます。

銀行の不動産担保ローンと住宅ローンの違い

不動産担保ローン,銀行,借り換え

銀行で提供されている不動産担保ローンとは、
既に所有している不動産を担保にしてお金を借りるもの
であり、
お金の用途にはほとんど制限がありません。

 

返済ができなくなった場合には不動産の所有権が銀行に移り、
これを売却して融資したお金を回収するため、
借りられる金額は担保にした不動産の時価によって異なります。

 

担保があるため低金利で高額の借り入れがしやすく、
複数のローンを一本化するために使われることもあります。

 

住宅ローンとは何が違うのか

住宅ローンは住宅などの購入に用途が限定されているローンであり、購入する不動産が担保になります。

 

返済できない場合はこれを売却して返済に充てることになります。

 

銀行によっては住宅ローン返済中の不動産を担保にして不動産担保ローンを利用できることがありますが、これには条件があります。

 

住宅ローンを組んだ直後の場合、その不動産には余力がないので、返済できなくなったときに不動産担保ローンではお金を回収できないので利用できません。

 

売却額から住宅ローンの残高を差し引いて、残った金額が不動産担保ローンの融資可能額となります。


ノンバンクの不動産担保ローンの金利について

不動産担保ローン,銀行,借り換え

不動産担保ローンの利用方法について興味を持っている場合には、
それぞれの貸金業者の金利の特徴をじっくりとチェックすることがおすすめです。

 

特に、ノンバンクのサポートの内容に関しては、ネット上でしばしば意見交換が行われることがあるため、
少しでも分からないことがある場合には、同年代の人の感想をチェックすることが良いでしょう。

 

人気の高い不動産担保ローンを取り扱っている業者の見分け方については、
一般の消費者にとって、すぐに判断をすることが難しいといわれています。

 

そこで、ノンバンクの対応の良しあしについて、定期的に色々な立場の人々からアドバイスを受けることで、
短期間のうちに理解を深めることが可能となります。

 

その他、実際に不動産担保ローンを利用している人の体験談に目を向けることが肝心です。

 

もしも、ノンバンクの使い勝手の良さについて知りたいことがあれば、
各業者の無料相談のチャンスを利用することがポイントです。

楽天銀行不動産担保ローンは通りやすいので借り換えにおすすめ

不動産担保ローン,銀行,借り換え

まとまったお金をお得に借りることができる手段として、使用していない不動産を有している人におすすめしたいのが不動産担保ローンとなります。

 

不動産担保ローンは審査に多くの時間を要したり、審査書類の準備などが面倒な上に審査が通りにくいというイメージを持つ人も少なくないのかもしれません。

 

楽天銀行の不動産担保ローンならば、インターネットから手軽に申し込みができますし、比較的審査も早く通りやすいローンとなっているので、
新規申し込みはもちろん、他社から借り入れがある人の借り換えローンとしてもおすすめができます。

 

楽天銀行の不動産担保ローンは、5年毎に見直しがある固定制の金利システムとなっていて、2016年10月現在の金利は年3.54%〜9.44%と業界最安水準となっています。

 

また利用限度額についても100万円から3000万円までと非常に高額な借入にも対応しているので、巨額の資金が必要になった時にはぜひ利用することをおすすめします。

 

[不動産担保ローンを銀行で借りるには]関連情報